コールセンターに関する動向

コールセンターの仕事について

コールセンターの存在

17年04月02日

未分類

コールセンターの存在 はコメントを受け付けていません。


コールセンターは、さまざまな企業などに設置されています。主に顧客との電話対応業務がメインになり、一般消費者からの問い合わせなどの受付窓口となっています。コールセンターの業務は、大きく2つに分けられています。

□インバウンド。一般消費者などのお客様があらかじめ目的を持ち、お客様自身が電話をかけてくるのを受信する業務です。

□アウトバウンド。コールセンター側から見込みのあるお客様に向けて発信し、営業をする業務です。

これらの業務は、企業にとってもお客様となる顧客との直接的なコンタクトをとることのできる部門であり、企業経営の中核に位置づけられることが多いのです。コールセンター市場は、年々上昇しており、企業でもコールセンターへの投資が進んでいます。そして、社会的な存在意義も重要視されており、コールセンターの位置づけが高まっています。地方自治体では、急成長しているコールセンターの誘致に必死となっています。その理由には、雇用促進や地域の活性化を目的としており、ここから財政難を打開しようという思惑があります。企業側からみても、コールセンターを地方に配置することにより、人件費および賃料などのコストを削減でき、ある程度の人材を確保することが可能となるメリットがあります。コールセンターの地方進出によって、さらにコールセンター市場は変化をしていくこととなるでしょう。どのような変化を遂げていくのか動向が気になるものです。